肩こり

肩こり

多くの皆さんが悩まされいる肩こりについてチェックしてみました。

スポンサード リンク




<プライバシーポリシー>

肩こり 症状 原因

原因は一口で言ってしまえば、血行不良です。

以前は大人がなるものいう認識でしたが、現在は齢は関係なく小学生でも悩んでいる子もいます

症状が酷くなると、辛くて、仕事を止めなくてはいけない状況にまでなってしまうことだってあります。

ですから、たかが肩こりなんてバカにしないでしっかり対策をしていきましょうね

  

肩こりの原因


原因はいろいろです。
・運動不足
・姿勢の悪さ
・生活習慣が不規則
・ストレス
・眼精疲労
症状が進んでしまうと肩こり、頭痛、吐き気、めまい、倦怠感等を引き起こしてしまいます


・体型によってなりやすい人がいる

【なで肩】
肩が下がっているので腕を支えるため肩の負担が大きいく、腕を上げる時も普通の肩の人より緊張して上げるのでしやすい。


【猫背】
背中が丸まっていて頭が前に出ている姿勢なので、首や肩に頭の重さが負担となって肩こりになります。


【肥満の人】
肥満になればなるほど腕の重さも重くなって肩への負担が大きくなります。


【細すぎる人】
痩せすぎていると筋肉がひ弱なので、腕を支える負担が大きくなります。
それから、頭の重さを支える身体が重さに耐えられなくて筋肉疲労を起こしてしまい、なりやすいです。


・筋肉疲労
現在は、これが最も多い原因ではないかと考えられています


パソコンが普及してくるのに伴って、ずっと座って同じ姿勢で作業をしていることが多くなってきた人も多いでしょう。
これは、特定の筋肉だけを動かし続けていることと同じなので筋肉疲労になっています


パソコンですと上半身全般ということで肩こりが増えている原因になっています。

たパソコンをずっと見ている事で眼が疲れてきます。

頭~首を酷使しているのと同じで、肩周りが血行不良になって結果的に肩こりになってしまうことになります。

   

肩こり 頭痛

「肩こり」と「頭痛」は切っても切り離せない関係があると思います

肩こりの人で頭痛で悩んでいる人はかなり多いのではないでしょうか。
この頭痛は「緊張型頭痛」と呼ばれていて、肩こりから来る頭痛なのです。


緊張型頭痛の特徴は、肩こりの症状が最初に現れてその後に頭痛がでてくるという特徴があります。


肩の筋肉が緊張し、その緊張が頭の方にまで伝わって頭痛なるということのようです


頭痛の傷み方は、偏頭痛とは違って、後頭部の辺りが痛くなったり、後頭部から首にかけて痛くなったり、頭が締め付けられるような痛みだったりします。


肩こりが解消すると頭痛も自然と解消に向かう場合も多いです。
こうした頭痛の対策は、やっぱり肩こりを解消させる事がとても大切ですね



肩こり解消法

肩が凝っているからと言って肩ばかり揉んでもダメです

肩が血行不良という事は背中、首、腕、頭などの肩に近い部分も血行不良である事も多いです

ですから肩周辺も含めて全体的にほぐしていかないとダメです
肩ばかりマッサージしても根本的な解決にはなりません


原因となる所を探し出して全体的に対策をしていかないといけませんね

  

肩こり ツボ


効果があって簡単に出来るツボ押しの場所があります。

「合谷」
親指と人差し指の間にあるツボです。
万能のツボともいわれ、肩こり、頭痛等に効果があるといわれています。


「頚頂点」
人差し指と中指の間にあるツボで、ここも効果的と言われています。


手のツボは押しやすいのでいつでもできるでしょうけど
ツボ押しの注意する事は、強く押し過ぎない事、長く押し過ぎない事です。
一か所を大体5~6秒を目安に刺激して行くと良いですよ


毎日継続して行えば、徐々に効果が出てくると思いますから是非試してみてくださいね

  

肩こり ストレッチ


血行不良は筋肉が固まってしまう事でも起こります。
ストレッチで凝り固まった筋肉をほぐせば、血行不良が解消されて解消へとつながっていきます。

簡単にできる方法なら毎日続ける事が出来るのでオススメです。

・首を前後左右にゆっくり倒して首筋を伸ばして行くストレッチ
ゆっくり首を倒していき、手を頭に乗せると自然な重みが加わって伸びが良くなりますよ。


・肩をグルグル回したり、肩を上に上げて力を抜いてすとんと落とすことも簡単に出来るストレッチです

ストレッチ自体は即効性がないですけど「毎日継続してストレッチする」これがとても有効なのです。

  

肩こり 薬


・湿布剤
「温感タイプ」「冷感タイプ」がありますけど、効果は同じですから好みで決めればいいでしょう

湿布 肩こり


医薬品として薬剤師がいないと販売されないですけど
鎮痛効果が有る成分が配合されている「フェルビナク」「インドメタシン」という湿布剤が有ります。
クリーム、ゲル、ローションタイプ等、色々なタイプの物が有ります
《久光製薬》フェイタスシップ 温感 24枚入【第2類医薬品】
ラクール 新インペタン 冷感 24枚入り 【第2類医薬品】


・内服薬とか錠剤、ドリンク剤も肩こり対策の薬があります。

肩こり 薬


  

肩こり 解消 グッズ


・磁気ネックレス(肩こり ネックレス)
ネックレスに入っている磁気によって肩周りの血行が促進され、解消に向かわせてくれるというグッズですね


・マッサージ器
種類もたくさんあるので自分にあいそうなものをチェックしてみてください

肩こり マッサージ器


その他たくさんのグッズがあります

肩こり解消


 

肩こり サプリメント



サプリメントとしては、ビタミン類が多く含まれている物がオススメです

ビタミン類の他に肩こり解消に効果的な成分としてはイチョウ葉成分やメコバラミンなどの成分もあります

肩こり サプリメント


  

肩こり ヨガ


「ヨガ」は呼吸と身体を伸ばしたり曲げたりポーズをとったりのストレッチで、身体の筋肉の奥深くまで効果があるといわれます。
筋肉に負担をかけずに伸ばす事ができて、緊張が解れて血行が促進されるので肩こり解消にはうってつけの対策方法でしょう

肩こり ヨガ


  

肩こり 枕


毎日使う「枕」ですけど、それが原因になることもあります
頭の形や大きさに対して枕がきちんとフィットされていないと、首や肩に負担がかかり、首や肩の筋肉が緊張して結果的に肩こりになるというパターンです
(枕 まくら)枕 西川 肩こり 健康枕 頚椎サポート枕


  

肩こり 入浴


「入浴」はとても有効的な方法でしょう


は肩周りの筋肉が緊張状態になり、血行不良になっていますから、肩や身体全体を温めましょう。

温めると筋肉の緊張が解れ血行が徐々に良くなってくるので肩がだいぶ楽になりますよ


  

肩こり 睡眠 布団


合わない布団に寝ていると背骨、骨盤等が影響を受けてしまって肩こりを引き起こしてしまうことがあります。

布団を選ぶ時には少し硬めの布団がオススメ。眠るときに身体が緊張しない様に身体を冷やさないことです



眠る姿勢は仰向け、横向きで眠るのは良いです
身体を丸めすぎないようにしましょうね


うつ伏せは腰が反ってしまうので負担がかかってしまいますので止めたほうがいいですよ

   

肩こり 食事



オススメの栄養素はビタミン類です。

特にビタミンE、ビタミンB1等が効果的といわれていますから豆類、大豆類、アーモンド、ウナギ等がいいですね





身体が温まる根菜類、イモ類と言った土の中で成長する様な食材を取り入れるのもオススメです。

生姜、小豆、魚、肉、醤油、味噌、わさびと言った比較的摂取しやすい物ばかりです

後肩こり解消に良いのは血行促進効果が有ると言うワカメとかネギ類等が有ります。
要はバランスの良い食事が大切なのです


              

肩こりメガネ


「メガネ」も肩こりを引き起こしてしまう原因の一つです。
合わないメガネで一生懸命見ようすると、眼がつかれたり、姿勢が悪くなったりして肩こりになることがあります。




良く見えないとなると、自然と首を前に突き出していって一生懸命見ようとする姿勢は肩や腕周りの筋肉を緊張さてしまいます。

そのまま無理して使っていると眼の状態も悪くなってしまいますし、合わせて肩こりも酷くなってしまことになります。

メガネだけではなくてコンタクトレンズも同様です。

  

肩こり 靴


「靴」も肩こりを引き起こしてしまう原因の一つです
姿勢を正せる正しい靴を選ぶ事がとても大切なのです
靴選びの参考にどうぞ

・ヒールは高すぎず1~2cm位の靴
・靴底が薄すぎず、硬すぎず、適度にクッションが有って歩く時に足裏に衝撃が加わり過ぎない靴
・足を締め付けすぎず足の甲、かかと、爪先がゆったりと足のカーブに合っている靴
・指先は窮屈過ぎずにゆとりが程良く有る靴
・足裏の土踏まずのアーチ部分


肩こり トップへ戻る